インターネットの弊害を乗り越えるのはIT業界の正社員だけ

s-20130822094241183012インターネットをやっているという事自体が、お金にとってはあまりよくないです。間違いなくお金の面では損をしたのではないかと考えています。それで見返りもない、というインターネットの娯楽性にはさっさと見切りをつけて、接続を切断するのがおすすめです。実際、そうしていたことがあります。

インターネットにつないでも接続料がもったいないし、部屋に一人でひきこもるだけです。友達がいなくてもネットで楽しめるし、ひきこもりになるための条件が整っています。それでどんどん良からぬほう、病的なウツに似た状態へ向かっていきます。ウツになったらお金からの縁も遠くなるし、それもこれもインターネットとPCがもたらした罪です。

お金にとってはインターネットは複雑で覚えることが多いし弊害になりやすいですが、使い方しだいです。消費ばかりしているマイナス方面に使うこともできるし、販売していくプラス方面に使うこともできます。お金でのプラスといえば、とくにIT業界に正社員で勤めて通勤することが最大のプラスです。しかし実際にはIT業界であろうと何の業界であろうとどうでもよくてたまたま入社した企業がIT業界の企業であったという場合が多いでしょう。

おすすめのサイト

お金がなくて困った時

s-20130325004716184077生活する上でお金がなくて、とても困った時があります。それはひとり暮らしをしていた学生時代の事です。私は田舎から上京して、アパートを借りてひとり暮らしをしていたのです。その時はなんとか仕送りと、アルバイト代で生活をしていました。でも学生って結構付き合いがあるのです。コンパなど飲み会などです。私はお金に余裕がないので、毎回断っていたのです。でも断れない時もあったのです。新入生歓迎コンパなどです。

こういった場にいないと、認めてもらえない気がするのです。だから私はなけなしのお金でなんとか出席をしていました。それでも毎月の生活費が苦しくなったのです。毎月どうやって生活しようかと、本当に悩んでいたのです。そんな時に助けてくれたのが、アパートの隣に住むご夫婦だったのです。五十代のご夫婦が隣に住んでいて、何かと面倒をみてくれていたのです。晩御飯をご馳走してくれたり、お店で可愛くて思わず買ったという洋服をもらったのです。私は本当によくされていました。ただ隣に住んでいるというだけで、こんなにもよくしてもらっていいたのです。食費は結構助かったものです。大学を卒業して田舎に戻りましたが、それでも今でも連休には遊びに行っているのです。

プロミス審査落ち

お金を落としてしまいました

ss-20130115110100103849今日は私は友人と一緒にデパートへ行きました。欲しいブランドバッグを買いたかったので、アルバイト料の七万円を財布に入れていったのです。 レストランでランチを食べて、映画を観ました。それからブランドバッグを買いにお店に行ったのです。そこで財布がない事に気がつきました。私は慌ててバッグの仲をしっかりと調べたのです。でもありません。友人も一緒に探してくれましたが、出てきません。車の中も、レストランと映画館へも問い合せたのです。でも出てきません。 私はパニックになってしまいました。大金が入っているのです。それにキャッシュカードも、クレジットカードも入っているのです。免許証だってあります。 そんな財布がないのです。落としてしまったみたいです。どこで落としたのか全く検討もつきません。 今まで落とした事もなくて、気を抜いていたみたいです。でも絶対に見つかってくれないととても困るのです。 このままでは家にも帰れません。そして欲し方ブランドバッグだって買えません。今日の目的はそれなのに、買えないのです。 私はただ呆然としているしかできません。警察にも連絡して今は連絡待ちです。もっとお金を大事にしようと思いました。財布だってしっかりと持っていようと、心に決めたのです。

東京ローン大全!銀行ローンの審査に通過する為に!

自分名義の銀行口座は二つ持つ

ある雑誌の記事で、「自分名義の銀行口座を複数使い分けて、お金を貯める」と載っていました。

自分名義の銀行口座を複数使い分けるためには、時間と労力が必要になります。

そして、銀行の数がかなり無いと、この方法は成り立ちません。

地方では、銀行の数が限られるので、銀行口座を複数持つことは難しいのです。

銀行口座を複数持つために、隣の市まで行くようでは、本末転倒です。

でも、地方在住であっても、自分名義の銀行口座を二つ持つことは可能です。

まず、光熱費など生活費全般を管理するメインバンクをひとつ持ちます。

これは、頻繁に利用することになるので、地域に密着した銀行、支店や出張所が多い銀行になると思います。

そして、もうひとつは、ネット銀行の口座を持ちます。

ネット銀行の大きな特徴は、コンビニで入出金が出来ることです。

ネット銀行の入出金が出来るコンビには、全国各地にあります。

仕事や旅行で、居住区から離れた時、コンビニで入出金が出来るのは、大いに助かります。

また、ネット銀行は、店舗で営業する銀行よりも、預金の利息が高いところが多いのです。

ある程度、まとまった金額で預金をするなら、ネット銀行の方が良いのです。

銀行口座の複数管理に時間や労力を費やすよりも、二つの自分名義の口座をしっかり管理する方が、簡単です。

即日融資キャッシング

カードローンの検討ならまずは銀行から

10132107242現在テレビCMやネットのバナー広告などで頻繁にカードローン商品が取り上げられています。カードローンはその名のとおり金融機関が発行するカードを使用して全国各地の提携ATMからキャッシングできるフリーローン商品です。従来はキャッシングといえば消費者金融業者との取引になるイメージが強かったのですが、最近は個人向け融資の拡充を目指す各銀行がそれぞれの特徴を反映したカードローン商品の開発、販売に力を入れています。その結果、今までは敷居の高かった銀行からの融資も現在は手の届くところにあるといえるようになりました。

厳しいといわれる銀行の審査といえども勤続年数や安定した収入があるなどの基本的な要件をきちんと満たしておけば審査にパスすることはそんなに難しいことではありません。融資希望額が少なければ収入証明書の提出さえ不要なところもあるくらいです。そのうえ銀行なら消費者金融業者を利用するよりも低金利で借り入れることができますし、いわゆる総量規制の対象外にもなりますので年収の3分の1以上の債務を抱えている人でも融資を受けられる可能性があります。したがってカードローンの利用を検討するならまずは銀行のカードローンから始めてみることをおすすめします。

カードローンの審査が甘い

銀行のカードローンを利用する

急に出費が重なり、お金が必要になる。大人になってから、その状況に直面した時に感じたのがお金を準備する手段はある程度持っていた方がいい。ということでした。

まず真っ先に思い浮かんだのが消費者金融でした。けれど、消費者金融からお金を借りるとやはり利息が怖いのです。イメージもあまり良くないので、
そこは敬遠することにしました。その次に思いついたのが各種ローンカード。各社さまざまなキャンペーンもやっていて、登録後利用額に応じてポイントがもらえたり、キャッシュバックがあったりするところもありました。

「ATMでいつでもどこでも気軽に借りれる」

それはとても魅力に感じましたが、やはり利息が心配でした。最終的に行きついたのが、自分がいつも利用している地方銀行が実施しているカードローンでした。安心・利用を決めたポイントは、

①いつも取引をしている銀行であること
②窓口で相談できること
③ATMで即日融資、1000円単位での返済が可能であること

これらをふまえて私は地方銀行のカードローンを利用することを決めました。実際に利用してみて思うことは、賢く使えば、そこまで損はしない。ということです。私が利用しているカードローンはATMで1000円単位の返済ができるため、財布に余裕がある時にこまめに返済ができます。そして、ATMでいつでも限度額内で引き出せるため急な出費がある時も困りません。

あとは、ローン=借金なので、常に念頭に借金であることをおいてムダに使わないことを注意すれば賢く利用できると思います。そういう意味で銀行のカードローンは使えるツールだと思います。

即日融資のカードローン審査jp.com